安定した収入

安定した収入

もう一つのキーワードは、「安定した収入」です。
カードローンが利用できる人の条件として、多くの会社が上げている条件に「安定した収入がある人」というのがあります。つまり、言い換えると、金額や雇用形態は不問、というところが多く見られます。注意して頂きたいのは、全ての会社というわけではありません。中には、雇用形態を基準に設けているところもあれば、総量規制などの関係から、貸すことはできても、金額の上限を低く設定しなければいけないところもありますが、「安定した収入がある人」なら、アルバイトでもパートでも、借りられる所は多いものです。
さて、本人に「安定した収入」があるわけではなく、専業主婦などの、配偶者に安定した収入がある人、これはどうなのでしょう?実は、専業主婦については、配偶者に安定した収入がある場合には、借り入れが可能な会社があります。専業主婦自体には収入はありませんが、れっきとした、社会の働き手として認められているようで、ちょっと嬉しくなったりもします。と話は少し脱線しましたが、要するに、貸す側にとっては、「貸したお金が、利息と共に完済されるか」が問題。しっかり返済能力があると判断されれば、OKなんです。